-愛猫・蓮、ドーベルマン・ビーデルとの毎日-
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
あれから一年
2012-03-12 Mon 09:09
一年、経ちました。




昨年3月11日は未曾有の大災害が発生した日。

やっと一年。
もう一年。

すべての日本人が絶対に忘れてはいけない日。

いまだ避難生活をしいられている方々が一日も早くご自宅に帰れることを
様々な困難に負けず精一杯生きておられる方々が少しでも楽になられることを
心から願ってやみません。




こんな記事を読みました。

 『前を向こう』と言われても、目の前にはがれきしかない。
  そんな状況で一体何を目指して歩けばいいのか。
  (中略)
  オレたちは被災者じゃない、復興者だ。

そうだよ、復興者だよ!
何もかも無くしても、収入が半分になっても、毎日つらくても
自分を見失わないで力一杯生きてる人がいる。

必ず元気な東日本、強い日本として復活できるよ!!

言うことは簡単だけど、復興者の皆さんの頑張りや力強さを思うと
被害をうけていないこっちの方が、逆に元気づけられます。

plum

前を向いて歩いていこう、我ら大和魂よ。







スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:4
<<チャーコ&ラン | 月に吼えろ  | 蓮様のお気に入り>>
この記事のコメント
>前を向いて歩いていこう、我ら大和魂よ。

心に響く言葉ですね。

あまり大きな災害のない大阪の私は、ほんとに疎いです。災害・・・に関してはv-292

とてつもない悲しみに追われながらも、必死で生きている姿は、色んな事を考えさせられました。
簡単な言葉では言い表せませんが、やっぱり身をもって体験していない私は、何をどうしてあげれるのか、そんなことにさえ戸惑う自分がいます。

必ず元気な日本に!ほんとそう願うばかりですね。
2012-03-12 Mon 17:08 | URL | ジュウザママ #0lL7nxds[ 内容変更]
あの災害を気にかけていただいているだけで、被災地の人はありがたいと思います。
あの日、一瞬で変わり果てた子供の頃の思い出の景色。
東京にいて何もできなくて歯がゆくて歯がゆくて、ただテレビを食い入るように見つめながら、実家に繋がらない電話をかけ続けました。
今でもテレビで地元の様子を見ると涙が込み上げそうになります。
でも、泣くのは簡単だし、当事者じゃない私は泣くべきじゃないから、グッとこらえてます。

みんなが忘れないでいてくれること。それが復興に向けて一歩一歩進んでる皆さんの力になっています。

2012-03-12 Mon 19:33 | URL | さくら母 #-[ 内容変更]
ジュウザママさま
私の住んでいる広島もほとんど災害の無い地域なので
あの未曾有の災害で被害を受けた方々がいかに苦しんでおられるかは
想像の範囲を出ないのが申し訳ないやら腹立たしいやらで・・・。
何をどうすれば良いのか戸惑う気持ちもとても理解できます。
今からでも、改めて何か出来ることを考えて実行に移せればと思います。
2012-03-12 Mon 21:22 | URL | ren #-[ 内容変更]
さくら母さま
ご実家が東北とのこと、直接的ではないかもしれませんが
一瞬にして流された思い出の景色、ご実家や親戚の方々のご様子など
悲しいのひとことでは片付けられない痛手を受けられたと思います。
繋がらない電話をかけ続けられた心情を思うと・・・

> でも、泣くのは簡単だし、当事者じゃない私は泣くべきじゃないから、グッとこらえてます。

そうですよね。被災していない者が泣く訳にはいかない。
泣く位ならもっとためになること考えろ!ですよね!!
2012-03-12 Mon 21:30 | URL | ren #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 月に吼えろ  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。