-愛猫・蓮、ドーベルマン・ビーデルとの毎日-
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
人災、そして犬災
2010-11-16 Tue 08:42
何度言えばわかるのか。

それはある日の水曜日。
私は仕事で家人が休みの日だった。

平日、家人が休みだと私はとても嬉しい。
なぜなら夜の散歩はしなくていいし、掃除洗濯はしてある。
何より帰った時に、娘たちの仕業を懸念してドキドキしなくてもいい。

そんなある日の水曜日。
帰宅した私は携帯を充電しようと、通勤カバンを喰われた部屋に入った。
携帯を充電器にはめようとしてもうまくはまらない。
よく見たら歯型が。

・・・またか。

  私 : ねえ、またドア開けっ放しにしてた?
  家人: えぇ~ 嘘ぉ?

嘘なら充電器に歯型はつくまい。
他には何もされてなかったようだったし、つとめて穏やかにふるまった。





夜も更け、さあ寝るかとなった時。
2階寝室横の部屋、いつもは開けているドアが閉まっている。
不思議に思い開けてみると・・・

何だ、これは!?

クッション2個がバラバラ。
床一面に綿が散乱しているではないか。

どうやら家人はDVDを見ながら寝てしまったらしい。
その間、入ってはいけない部屋のドアは明けっ放し。
人間がいないと上がってはいけない2階もオールOK。
ビーデルの様子なんてちっとも見てやしない。

クッション2個ならまだ許そう。
びーを育てていて、私の許容範囲も随分広がった。

が、

綿に紛れて大事なものが落ちていた。

それは学生の時、親友が私のために作ってくれたもの。
オブジェというか壁掛けというか、小さい木彫りのプレート。
その頃私は大変な時期で、心身共に疲れていた。
親友はそんな私を元気づけようとプレゼントしてくれたのだった。
色といい形といい、とても気に入って今でも大事に飾っていたもの。
それに歯型がつけられ、一部が欠け、ヒビが入ってしまっている。

その親友とは袂を分かってしまい、今ではどこにいるかも分からない。
だけど大事な友達であることは変わらない。

涙が止まらなかった。

大切な思い出までもが粉砕されてしまったような気がしたのだ。


スポンサーサイト
別窓 | Bedel | コメント:2 | トラックバック:0
<<人災、そして犬災 その2 | 月に吼えろ  | いつになったら>>
この記事のコメント
NoTitle
悔しくて悲しい気持ち、わかりますよrenさん・・・。
もう落ち着かれましたか?v-292

なんでこぅ油断するんでしょうかね~男の人ってv-356当のビーさんもですが・・・
油断というか、多分気がつかないというか想定範囲がせまいんですよ。ドーベルのずる賢さや、隙あらばすべて遊びに結びつける幼児性を理解していないというか・・・
パパさんなりに面倒見てくれているんでしょうけどねv-390
まだまだビーさんの方がうわてなのかな?笑

いつも楽しませてくれるパパさんを責める気持ちはありませんが、
お気持ち、察しますよrenさんv-355
2010-11-16 Tue 12:18 | URL | ジュウザママ #0lL7nxds[ 内容変更]
ジュウザママさん・・・
ありがとうございます。

なんかねえ、あんまり怒ってもと思うんだけど。
今回はねえ・・・
おまけに寝た振りしてましたからねえ、アイツ。
翌朝には謝ってましたけど。

> ドーベルのずる賢さや、隙あらばすべて遊びに結びつける幼児性

そーなんです。いつまでもガキんちょなんです、トーベルは。
おまけに無駄に賢いから、人間の行動を見てないようで見ていて
妙なところをしっかり学習して悪戯に応用するんですよね。

> お気持ち、察しますよrenさんv-355

実は、明日も似た話が続きますv-12
2010-11-16 Tue 12:30 | URL | ren #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 月に吼えろ  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。